子供の室内での事故を防ごう!ジョイント人工芝の意外な使い道

シェアする

こんにちは、ままころです

今回は子供の室内での事故予防についてお話ししたいと思います

ベッドで静かに寝ている期間なんてあっという間

ハイハイやつかまり立ちをしだしたら家中危険だらけです

誤飲、転倒、転落、火傷など、考えるだけでも怖いですよね

目が離せないけれど、家事もしないといけないしトイレだって行きたい

それに、目を離さずに見守っていても想定外の行動をするのが子供です

ハイハイが始まる前に危ない所はないかチェックしましょう

スポンサーリンク

危険な場所

お風呂、洗面所

水を溜めっぱなしにしてはダメ

床が濡れていると滑って転倒の危険も

洗剤、石鹸、シャンプー、カミソリなどにも気を付ける

ドラム式の洗濯機は必ずチャイルドロックをかける

ひとりで入れないようにしておく

キッチン

危ない物や熱い物は手の届かない場所に置く、フォークやお箸なども危険

コンロを触れないようにする

洗剤などにも気を付けるなど

棚にはストッパーを付け、ゲートなどで危ない箇所に近づけないようにする

ベランダ、窓

転落事故などの危険があるので踏み台になるようなものを置かない

エアコンの室外機の位置やベランダの柵の幅は安全か?などをチェック

補助錠などを使用する(少し開けた状態でもロックできる)

網戸ストッパーをつけて網戸を開けられないようにする

ベランダにひとりで出られないようにしておく

階段

転落事故の危険があるので、ゲートなどで行けないようにする

自分で階段を上り下りできるようになったら滑り止めなどを貼る

家具、柱などの角

勢いよくぶつかると危険です、コーナーガードなどでカバーしておきましょう

かわいいものもありますが、子供が興味を持つものだと剥がしてしまうこともあります

開き戸は蝶番が付いている方も指を挟む危険があります、大人が開け閉めする時に子供が手を入れていないか気をつけましょう

引き戸は開き切った時に戸と戸の間に指を挟む危険があります、網戸ストッパーで開き切らないようにするのがおすすめです

危険な場所は進入禁止にする

キッチン、お風呂場、ベランダ、階段などは少しでも目を離すと危険な場所です

でも、一瞬たりとも目を離さないなんて実際は無理ではないでしょうか

ヒヤッとしたことがある人も多いのでは?

予防策としてはゲートを取り付ける事が最も手っ取り早く、安全な方法です

ベビーゲート

ゲートにも色々なタイプがあります

場所によって使い分けをしたいですね

突っ張りゲートタイプは扉が開閉するものとしないものがあります

こちらは開閉しないのでまたいで通るタイプです

扉付きよりも価格が安いものが多いので、頻繁に行き来しない箇所におすすめです

こちらは開閉するタイプです

大人がよく出入りする箇所は扉付きがおすすめです、何度もまたいで通るのは苦になりました
足が引っかかって転倒しかけたことも


おくだけタイプは柱や壁のない所でも使えます

おくだけタイプにドアがついたものもあります

ジョイント式の人工芝

意外と知られていないのがこれ!

我が家では、テレビの前やベランダに出る窓の手前などに敷いていました

娘がハイハイを始めたころから1歳半ぐらいまで敷いていたのですが、想像していたよりも効果があり、娘は上に乗る事はありませんでした(大人も踏まないように気を付けました)

あくまで補助的なものです!全ての子供に効果がある訳ではありませんが、特に危険な場所などは2重に予防しておけばさらに安心だと思います

まとめ

子供の室内での不慮の事故はとても多いようです

大切な子供が危険な目に合う前に予防しておきましょう