乳歯の特徴と虫歯、予防はどうすればいい?

シェアする

こんにちは~ ままころです

今回は乳歯の虫歯についてお話したいと思います

ちょうど1か月前、娘の2歳半検診に行ってきました

私の住むところでは、2歳半の検診は歯科検診と歯磨き指導でした

前歯が生えた時から毎日歯磨きをしていましたが、上の唇から前歯の間に伸びている筋(上唇小帯)にブラシが触れると痛いようで、前歯のブラッシングがきちんと出来ないこともありました

最近は、嫌がらずに口を開けてじっとしていてくれるようになり、やっと丁寧に磨けるようになったと喜んでいた矢先、上の前歯4本が白っぽいのが気になりました
念入りに磨いても取れません
そんな時「乳歯の虫歯は白い」という記事を目にしました

白い虫歯!?

お母さんは乳歯の特徴を知っておいた方がいいと思い調べてみました

スポンサーリンク

乳歯の特徴

  • 3歳ごろまでに20本生える
  • 乳歯の初期虫歯は茶色ではなく白く濁ってみえる(黒の虫歯の方が進行がゆっくり)
  • エナメル質が薄い(大人の半分程度なので虫歯になりやすい)
  • 永久歯よりもやわらかい(虫歯の進行が速い)
  • 痛みが出にくい(痛みの発達が未完全)

虫歯のできやすい場所

上の前歯・奥歯・歯の間・歯と歯茎の間

白く濁った状態の乳歯

~検診での先生とのやりとり~


先生「前歯のカルシウムが少し解けていますね」

ままころ「カルシウム?虫歯ではないんでしょうか?」

先生「虫歯の手前ですね、フッ素入り歯磨きでしっかり磨いていれば大丈夫だと思いますよ、うがいは何度もしないで1回だけ」

ままころ「歯医者さんに行かなくてもいいのでしょうか?」

先生「もしうちに来たとしたら、削らないよ、もったいないでしょ」

ままころ「歯医者さんに行ってフッ素を塗ってもらった方がいいですか?」

先生「3か月ごとにフッ素を塗りに行くのはいいと思いますよ、でも、市販のフッ素入り歯磨き粉でもいいのがありますから、それで十分だと思います」

乳歯の初期虫歯の治療は、削るのではなく、フッ素を塗布してエナメル質を強くし治療するとのことでした

歯磨き指導~虫歯予防~

親と食器を一緒にしない、ちゅーをしない、食べ物をフーフーして冷まさない、親自身も虫歯に気を付けるなど、まずは親の口腔内にある菌を感染させないようにする事が大事です

生活の中で気を付ける事

  • おやつの時間を決める(甘い飲み物もおやつとする)
  • おやつの食べ物を見直す(果物、おにぎりなど虫歯になりにくい物にする)
  • 虫歯になりやすい場所を意識しながら歯磨きをする

甘いおやつなどに含まれる糖が歯にくっつき、虫歯菌がその糖から酸を作り、その酸で歯が溶け虫歯になります

だらだらと甘いものを長時間食べていたり、飲んでいたりすると、口の中が酸性になって虫歯ができやすい状態になってしまうのです

虫歯になりにくいおやつに「果物」があげられていたのは意外でした

特に虫歯になりやすいおやつ

お菓子の中でも、チョコレートやキャラメル、キャンディー、クッキーやビスケットなどは砂糖も多く使われており、歯にくっつきやすいので注意が必要ですね

甘いジュースだけではなく、野菜ジュースは加糖のものあります

スポーツドリンクを哺乳瓶で飲んでいると前歯が虫歯になりやすいというのはよく聞く話です

飲み物だから大丈夫と安心はできません

検診で言われた「ジュースもおやつのうち」という考えは私になかったので、はっとさせられました

うちの娘はジュースを一度で飲みきらず、少しずつだらだらと飲むので、ジュースそのものを買うのをやめました

お友達がパックのジュースを飲んでいる時は、ちょっとかわいそうに思うのですが、虫歯になってしまう事の方がもっとかわいそうだと心を鬼にしています

フッ素入り歯磨き

1歳半検診でフッ素入り歯磨きジェルのサンプルをいただいていました

フッ素が体によくないなどという記事を見たことがあり、娘はうがいが出来なかったので使用したことはありませんでした

しかし今回は、使用しないという選択肢はなかったので、まずはお風呂でうがいを練習

思いのほかすぐに出来るようになったので、歯磨きジェルを使用開始

透明のジェルで泡が出ないので磨きやすく、嫌がると思いきや、グレープ味なので娘も気に入ったようです

検診でいただいたのは「ライオンのクリニカキッズジェル」です

フッ素入り歯磨きでどこまでマシになるのか

この1か月、しっかり磨いてうがいは1回だけというのを朝晩繰り返してきました

昼食後は磨かずうがいのみ、おやつの後もうがいのみ、ジュースは飲んでいません

結果、白く濁っていた部分が少なくなってきました

写真を撮っていなかったので、ちゃんとした比較が出来ないのが残念なのですが、どれだけ変化するのか意識的に行ってきたので間違いありません

注意:結果はうちの娘の場合ですので、みなさんが同じような効果があるとは限りません

白いから初期虫歯と自分で決めつけるのはやめて、ちょっとでも気になったらすぐに小児歯科へ

乳歯の虫歯は永久歯にも影響する

乳歯の根っこの下には永久歯がスタンバイしています

乳歯に虫歯が多いと永久歯も虫歯になりやすいので、乳歯はいずれ抜けるから永久歯を大事にすればいいなんて事は間違いです

永久歯を大事にするのなら、乳歯を大事にすることから始めなけれないけません

歯科検診の結果、記録の見かた

母子手帳などに記入される歯科検診の結果の味方を簡単に説明します

歯の状態


EDCBAABCDE

Aが前でEが奥になります

健全な歯:/  処置をしてある歯:○  虫歯:C

虫歯の罹患歴


O1:虫歯がなくて口腔内環境がよい

O2:虫歯はないが口腔内環境が良好ではなく、近い将来に虫歯になる不安がある

A:前の歯のみ、または奥歯のみに虫歯がある

B:前の歯および奥歯に虫歯がある

C:すべてに虫歯がある

(お住まいの地域によって違いがあるかもしれません)

まとめ

子供がかかる病気のうち、親が防いであげられるのは虫歯だけです

予防はもちろん、定期的に歯医者さんに通う事も大事です

「歯医者さんは怖い」という思いを抱かせてしまうと後々大変です

ちょうど今、私が虫歯の治療中なのですが「先生に歯をきれいにしてもらってくるね♪」「先生にあ~んしてくるね♪」と嬉しそうに言うようにしています

今の所、娘は「せんせーあ~ん、したい」と言っているので、歯医者さんに慣れてもらう為にもフッ素を塗ってもらおうかなと思っています

虫歯予防は大変ですが、今が大事です!頑張りましょう