レジャーシートおすすめは絶対厚手!快適&オシャレ人気のシート7選

シェアする

レジャーシートと言えばちょっと特別なお出かけをイメージするかもしれませんが、子供がいると日常的にレジャーシートを使います

娘とよく行く近くの公園でも、レジャーシートやテントを持参しているご家族をよく見かけます

もちろん、我が家も持って行きます!

ままころ
運動会はもちろん、子供とのちょっとした外出にも持って行けるレジャーシートをご紹介します!

スポンサーリンク

レジャーシートを選ぶポイント

こころ
どんなレジャーシートがいいの?
ままころ
選ぶ時のポイントがいくつかあります

シートは大きくて厚みのあるものがゆったりと出来て座り心地もいいですよね

でも、大きいほど、厚みがあるほど、畳んだ時にかさばります

コンパクトに畳めて気軽に持ち運び出来る方がいいのか、使い心地にこだわるかは悩むところですね

他にも、洗えるものがいいとか柔らかいものがいいとか、素材も選ぶポイントになります

おすすめレジャーシート

公園や運動場など土の上ではペラペラなシートだと痛くて長時間座っていられません!!

小石なども気になりますし、地面の熱や冷たさも伝わりやすいのである程度厚みのあるものをおすすめします

ままころ
おすすめは断然厚手のものです!

 厚手・コンパクト

広げた大きさ:約136cm×178cm

畳んだ大きさ:約36cm×9cm×24cm

表面:ポリエステステル100%

裏面:EPE(スポンジ、ポリエチレン)

洗濯:×

ままころ
我が家はこれを使ってます
こころ
おしりが全然痛くならないよ♪
ままころ
大人2人+子供1人で食事をするのは余裕だけど、3人で足を伸ばしてくつろぐならもう少し大きい方がいいかも!?

ちなみに、このワイドサイズのテントの中に敷いて使っています

厚手・コンパクト・洗える

広げた大きさ:約135cm×175cm

畳んだ大きさ:約35cm×7.5cm×23cm

表面:アクリル

裏面:PVC (中芯クッション)

インナー:PUフォーム2mm

洗濯:手洗い○(洗濯機×)

ままころ
こちらは同じようなタイプですが水で洗い流せます!子供がいると”洗える”って助かります

厚手・大きい・洗える

広げた大きさ:約200m×200cm

畳んだ大きさ:約40cm×8cm×26cm

表面:アクリル

裏面:PVC 

インナー:PUフォーム2mm

洗濯:手洗い○(洗濯機×)

ままころ
こちらは大人3人が寝転んでも大丈夫な大きいタイプ。ショルダーベルトがついているので持ち運びもしやすいですね

厚手・大きい・洗える・柔らかい

広げた大きさ:約200m×200cm

畳んだ大きさ:約40cm×15cm×28cm

表面:ポリエステル100%

裏面:ポリエチレン100%(アルミニウム被覆)

インナー:ポリウレタン100%

洗濯:手洗い○(洗濯機×)

ままころ
柔らかい肌触りが好きな方はフリース生地もありますよ♪

厚手・洗える・かっこいい

※デニム地風タイプのサイズ

広げた大きさ:約140m×180cm

畳んだ大きさ:約40cm×15cm×28cm

表面:ポリエステル100%

裏面:PVC

インナー:ポリウレタンフォーム4mm

洗濯:手洗い○(洗濯機×)

ままころ
デニムタイプのものは4mmのクッションが入ってます!厚さ重視の方におすすめ♪

超厚手

ままころ
かわいいレジャーシートではないけど、厚さ15mmはすごい!このマットの上にかわいいラグを敷いてもいいですね♪

厚手・大きい

広げた大きさ:約180m×240cm

表面:ポリプロピレン

裏面:アルミ蒸着フィルム

インナー:発泡ポリエチレン

ストッパー:ポリプロピレン

手提げ袋:EVA樹脂

洗濯:手洗い○!?

ままころ
かわいくて厚手のレジャーシートは200cmまでのものが多いなか、こちら240cmです。風で飛びにくいようにストッパー付きなのも嬉しい♪

まとめ

子供がいるとレジャーシートを使う機会は増えます

子供は食べる時ぐらいしか座っていないと思うので、実際は大人が座っていることの方が多いかもしれませんね

楽しい時間が過ごせるよう、お気に入りのものが見つかれば幸いです